ビットコインの取引所の紹介

2017.12.16 Saturday

0

    ビットコインの取引所3社

     

     

    bitFlyer

     

    ネットやテレビでCMをやっている会社

    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

     

     

    Coinsheck

     

    ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

     

    Zaif

     

     

     

    買値と売値がそれぞれ違うので、3つとも登録しておいて有利な価格で取引するのがおすすめ!

    内定式を終えて

    2017.10.08 Sunday

    0

      10月の最初の週は内定式がいろんな会社で行われていました。

       

      僕も内定をいただくことができたので内定式に参加しました。

       

      まず、「内定書授与式」が行われ、その後お昼ごはん。

       

      お昼ごはんはホテルで豪華なバイキングをいただきました。

       

      今はバブル並みの売り手市場なのでおもてなしも豪華になっているのではないかと思っています。

      就職が大変な時期では内定式にホテルでバイキングなんて考えられないのではないでしょうか。

      それだけ、企業は人材確保に一生懸命です。内定者を確保しておきたいとどの企業も大変だと思います。

       

      その後、作文を書いたり個人面接等をして、内定式は終了しました。

       

      それから、e-ラーニングの課題や読書感想文の課題が出されました。

      早めに課題を終わらせて社会人としていいスタートが切れるようにしたいと思います。

       

      少子高齢化で若い人材が足りないというのはデメリットのように思えるかもしれません。

      しかし、就職がしやすくなるというメリットがあります。

       

      この時代に生まれてよかったなと思います。

       

       

       

       

      就職先決まったー!

      2017.09.07 Thursday

      0

        就職活動

         

        自分にとって大変でしたが、ついに企業から内定をいただけました。

        受けた会社は3社だけです。自分の入りたい会社を1つ1つ堅実に

        受けていくスタイルをとっていました。

         

        世間から見ると邪道な会社の受け方と思われるかもしれません。

        いくつも会社を並行して受けている人にとっては

        危険なことをしていると思われるでしょう。

         

        しかし、この方法で成功したと思っているので悔いはありません。

         

        防犯上会社名は伏せておきますが、自分の希望である設計の仕事ができそうです。

         

        僕が志望している仕事内容は車の機械設計業です。

         

        とても大きな会社なので総合職の正社員として働く予定で、

        全国転勤の可能性があります。


        就職したら

        自分の持てる知識や技術をどんどん活かしていきたいなって思います。

        失敗を恐れる日本人、失敗をあまり恐れないアメリカ人。

        2017.08.21 Monday

        0

          日本人ってよく考えて、あまり目立たないように生きようっていう人が多い人種だと思うんです。

           

          それって、失敗をしにくいし、他人から批判をされにくいという意味で長所であると思うんですが、

          同時に短所であるとも感じます。なぜなら、その人自身の個性が失われてしまったり、

          失敗ばかりを恐れて、つまらない人生になるかもしれないからです。

           

          データでもよく日本人は幸福度が一番低い国である。とか、世界で比べて自殺率が一番高い。

          そして、不安を抑制する機能を持つ脳内のセロトニンという物質のの伝達量が少なくて、

          精神疾患になりやすいといわれています。

           

          何かにチャレンジして失敗したときに批判をする日本人が多いという点。

          速く正確に物事をこなすことが求められることが多いという点でも

          失敗を恐れさす要因であるとも考えています。

          逆にアメリカではチャレンジをしたらよく褒められるみたいです。

           

          週刊誌やニュース、特にネット等でさらに悪い状況になっていると思います。

          変わったCMを流せば、不適切だとか、危険だとか、卑猥だとか、教育上悪いとか、

          YouTubeの動画でもコメント欄に悪口が並んでいたりとか、

           

          僕が株やfxの勉強をしてる時も危険だとか言われてよく批判されたものです。

           

          特に日本人は貯蓄を好む方でアメリカ人はよく投資をするといわれています。

          リスクをよくとっているんですよね。

           

          失敗は恐いですが、人があまりやらなさそうなことをたくさん挑戦し、

          楽しい人生がおくれている人間になりたいです。

           

          VALU始めてみた。

          2017.08.21 Monday

          0

            YouTubeで最近話題になっているVALU。

             

            なんかよくわかんないけどとりあえず興味があって自分のアカウントを作ってみました。

             

             

             

             

             

             

            ヒカルさんやラファエルさん、禁断ボーイズのいっくんがなんか問題になってるみたいで、

             

            それに便乗していろんなひとが動画をあげているみたい。

             

            VALUとは自分の価値を株式のように取引をすることができるサービスのことだそうです。

            個人の株式のようなものを発行して、他人に売ることができるようです。

             

             

            取引にはビットコインを使用するそうで、ビットコインを取引所で購入してVALUの自分の口座に送金して売買が行えるようになるそうです。まだビットコインについても詳しく知りませんから、

            これからこのサービスとビットコインの普及がどう浸透していくのか楽しみです。

             

             

            VALUについて詳しく学ぶ。

            http://readyfor.jp/projects/valu

             

            下のリンクからbitflyerのWebページに行けます。(ビットコインについて)

            http://bitflyer.jp/

             

            下のリンクからVALUのWebページに行けます。

            http://valu.is/

             

             

            2社目落ちたー

            2017.06.08 Thursday

            0

              就活で2社目受けました。

               

              集団面接ですが、

               

              自分の都合で別の日に変えてもらいました。

               

              ということで、集団面接が個人面接となりました。

               

              人事担当の方が面接してくれるのかと思ったら、案内だけで、

               

              僕は扉を3回トントントン

               

               

              1次面接なのに社長登場!

               

              横には営業の方が一人、

               

               

              2人からエントリーシートを見て質問攻め10分程度でしょうか。

               

              志望動機は何ですか。から始まり、

               

              アフィリエイトではどんなことをしていますか?とか

              テニスの錦織選手についてどう思いますか?とか

              アルバイトの苦難を乗り越えるためにどのようなことをしましたか?とか

               

              とりあえず、その場で思いついた回答をします。

               

              面接は慣れですかね。

               

              自分がどのような人間なのかなかなか伝えるのは難しいです。

               

              1週間から10日ほどで結果をお伝えします。って言われたのですが、

              2日後にお祈りメールが来ました。

               

              次は面接で、エピソード等を交えたりして、具体的に緊張せずにスラスラ話ができるようにしたいです。

               

               

               

               

               

              就職は1社ずつ受けてく派?それとも同時進行でたくさん受けてく派?

              2017.05.04 Thursday

              0

                3月から始まった就職活動。

                 

                もう2か月が過ぎてしまいました。

                有効求人倍率は1.45倍とバブル期並みの好条件です。

                景気が良いのと、少子高齢化で新卒の学生が少ないのが主な要因ではないかと思われます。

                 

                僕はまだ1社しか受けていません。そして、落ちました(笑)

                 

                学内説明会を受けて、セミナーを受けて、説明会に行って、筆記試験にうかって、

                1次面接で落とされちゃいました。

                 

                マイナビ、企業のホームページから

                 

                募集要項、

                 

                どんな事業をしているのか、

                 

                どんな人を求めているのか、

                 

                どんな人が働いているのか、

                 

                福利厚生や給料はどうか、

                 

                自分はどの事業で働けそうか、

                 

                今まで学んできたことは活かせそうか、

                などなど入念に調べて、

                 

                会社を受けてみました。

                 

                第1志望を1社ずつ受けてみて受かったところに行こうと思っているのですが、

                このやり方は正解かどうか不安です。なぜなら、受ける数が少なくなるのと、

                就活の経験が少なくなるからです。

                 

                 

                何社も受けて、内定をたくさんもらって、その中から選ぶという方法が

                多いと思いますが、それはそれでメリットがあると思います。

                 

                受ける数が多い。

                 

                就活の経験が多い。

                 

                内定をもらえた企業の中から選ぶことができる。

                 

                落ちても気にしなくなってくる。

                 

                 

                 

                さて、どちらの就職の仕方がうまくいくのでしょうか?

                 

                 

                システム開発エンジニア募集【大手金融、生保・損保の開発案件が8割!!】

                 

                奨学金の種類を大学在学中に変更できるってご存知ですか?

                2017.04.19 Wednesday

                0

                  大学で学生支援機構(JASSO)から奨学金を受けている人は、

                   

                  奨学金の種類を在学中に変更できる制度があります。

                   

                  高校の評定が平均3.0以上でないと、第1種奨学金が受けられませんでしたが、

                   

                  大学で第1種奨学金を受けるには学科内での順位が3分の1以内であれば受けることができるのです。

                  年に1度大学内で募集があるはずですから気を付けてみてください。

                   

                  第2種では返還が始まると利子がついてしまいます。

                   

                  2017年4月の利率は利率固定方式では0.23

                           利率変動方式では0.01です。

                   

                   

                  ところが第1種奨学金の人的保証制度を使って、定額返還方式を使えば、利子が付かないし、保証料もかかりません。

                   

                   

                   

                  おいしい話をわざわざ教えてくれません。自分から調べていくと得できるかもしれません。

                  3月や4月の内々定は難しい。

                  2017.04.11 Tuesday

                  0

                    3月1日から就職活動が解禁されました。

                     

                    リクナビやマイナビで企業へのエントリーが可能になり、

                     

                    学内説明会や就職セミナー、合同企業説明会がいろんなところで開催されています。

                     

                    早いところでは筆記試験や面接、そして内々定が出ている人もちらほら聞きます。

                     

                    僕も一社だけ筆記試験と面接を受けましたが、落ちてしまいました。

                     

                    ライバルの学歴が高かった。コミュニケーションスキルが高かった。

                     

                    何よりも人事の人に内々定を出したいと思わせるのがうまかったのだと思いました。

                     

                    履歴書や一つ一つの発言、今までの経験をうまく人事の人に伝えられる人が

                    内々定を勝ち取るには重要なんじゃないのかなと考えています。

                     

                    まだまだこれから就職活動が続きますが、悔いのないようにしたいです。

                     

                     

                    技術と知識を持ったスペシャリストに!システム開発エンジニア募集

                     

                     

                     

                    就職先どこにしようか迷う。

                    2017.03.12 Sunday

                    0

                      大学三年生の終わりごろから本格的に就職活動がスタートします。

                       

                      会社は日本だけでもたくさんあります。

                       

                      その中から、自分の専門分野を活かせる就職先に絞ってもまだたくさんあります。

                       

                      また、企業に入ってどのようなことをしたいのかによってさらに絞ることができますが、

                      それでもまだまだ選択肢はたくさんあります。

                       

                      そして、どのくらいの規模の企業なのか、

                      給与や福利厚生はどうなのか、

                      会社の雰囲気はどうなのか、

                      通勤時間はどの程度なのか、

                      休みはどのくらいとれるのか、

                       

                      いろいろ考えていくと自分に合った会社が見つかるのではないかな?

                       

                      企業展やインターンシップ、会社説明会、ネットの情報や雑誌、新聞、本など

                      様々な方法を用いて企業研究を学生たちはしていきます。

                       

                      知れば知るほどどこの企業に入ろうか迷うものです。

                       

                      企業展では人事の人と話すことができるチャンスですし、企業の大まかな

                      事業を知ることができます。但し、会社の雰囲気や実際仕事をしてみたらどうなのかがわかりません。

                       

                      インターンシップでは職場の雰囲気や内部事情、仕事の内容を具体的に知ることができます。

                       

                      様々な方法で情報を手に入れて、やりたい仕事を見つけたい。

                      この方法であってるかな?